violaの日記

アラフォーシングル女子violaです。マイペースが身上です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒューゴの不思議な発明

本日、2度目のUP (*^.^*)

アカデミー賞発表の後、観たい映画がたくさんあって迷ってしまいます。
昨日、大阪ステーションシティシネマ「ヒューゴの不思議な発明」を観ました。

hugo1.jpg

あらすじ
1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす
少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ
少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に
繰り出す。


以下、映画の内容にふれています。

ワタクシviolaの感想
★★ 星二つ  です。

 ★(1つ星)←鑑賞した映画
 ★★(2つ星)←鑑賞して「良かった」と思った映画
 ★★★(3つ星) ←鑑賞して「ぜひもう一度観てみたい」と思った映画


一言で言えば、映画へのオマージュ作品と言えると思います。

まず、映像の美しさ、セットの美しさに目を見張ります。
パリのどの駅なんでしょうか?
行き交うたくさんの人々、カフェの店員、楽員、常連の客。
犬を連れた公安官、花屋。
ごった返す様子にエネルギーが伝わってきました。

この時代の特徴として、建物のあちこちからエネルギーとして
利用されていた蒸気が吹き出ていたのが、
建物自体が生きて呼吸しているような感じで印象的でした。

公安官はとても立派な体格ですが、足が不自由です。
こわそうな彼も自分の足を見下ろすときの悲しそうな表情に
第1次世界大戦後のこの時代の悲しさがありました。

いつも愛犬と共にカフェにいる老婦人に淡い恋心を抱く紳士。
彼女の愛犬に気に入られるため、お相手にふさわしい犬を連れてきます。
この二人の関係はその後進展があったのでしょうか?

私はストーリーの脇で広がる小さな人間模様が好きです。

修理したねずみのおもちゃが動き出すシーンは、
CGを使わずあえて特撮。
人々の間を縫ってどんどんカメラが進み、ヒューゴの目の前まで
長回しで撮る手法。

スコセッシ監督の、映画への敬意が伝わってきます。

一番好きなシーンは、
イザベルが高いところから落としてしまった箱の中からたくさんの
スケッチが部屋いっぱいに舞いながら落ちるところ。

hugo2.jpg

有名なシーンが描かれたスケッチが、まるで1枚1枚生命あるもののように
いろんな表情を見せながら舞い落ちていきます。
気持ちいいシーンで、思わず「わあ」と声が出そうになりました。

ジョルジュ・メリエスは実在人物。
ネットで調べると、実際に晩年は破産しおもちゃ屋を営んでいたそうです。

時間的な都合で3Dじゃない方を観たんですが、
3Dだったらメリエスの「月世界旅行」も3Dだったのかしら?
オ~!ノォ~!
それはかなり惜しいことをした~(>_<)

印象に残った台詞は、
「機械には不要な部品は一つもない。どんな部品にも役割がある。
人だって同じだ」という内容の台詞。
心が温まりました。

ちょっとがっかりだったところは、
パリの駅、街角、看板、ポスターでフランスのニオイぷんぷん。
・・・なのに台詞が英語だということ。
主人公のHugoも「ヒューゴ」でなくフランス風に「ユゴー」と言って
欲しかったです。

あと、邦題と内容が合ってないような気がしました。
原題は「Hugo」なんですけどね。
観た人の中には、思っていた映画と違う!と不満に思う人もきっといたのでは?
と、他人事ながら心配になりました。

あと最後にもう一つ。
クレジットをボケーッと眺めていると
「ジョニー・デップ」という名前があってびっくり!

思い返すと、実際似ている人が一瞬出たんです。
メリエスが撮っている映画の俳優の中の一人で、
しかも海賊風の格好をしていました。

ひょとしたらあの人なのか???

でも調べてみると、どうも彼は別人のようで、
ジョニー・デップは制作に携わって、出演していないみたいでした。


*****


ところで、
みなさんは映画のクレジット、最後まで見る派ですか?
私は、見る派です。

理由は、まだ足元が暗くて危ないから。

映画は終わっているんだし、途中で帰るのもアリなんですけどね。
時間に追われていなければ、会場が明るくなるまで待ちます。
それにしても、今の映画のクレジット長すぎ。



~ブログランキングに参加しています~
▼1人暮らし 日記
▼1人暮らし インテリア  
  
読んでくださった後、応援クリックいただければとってもうれしいです (*^.^*) 
   ↓↓↓

 人気ブログランキングへ

 


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます(^_^)/

クレジットが流れている間は映画の余韻に浸る&休憩時間って感じですね〜。
あと、出演者をよく見ていると意外な人がチョイ役で出てたりします。先日見たはやぶさには長嶋一茂さんが出演してましたが、どこにいたのかさっぱりです(~_~;)

ぱすとーれ | URL | 2012-03-26(Mon)04:36 [編集]


ぱすとーれさんへ

うわっ!
おはようございます・・・ですか?
私は休日の前の日なんかでは、おやすみなさいの時もありますけど (*^.^*)

「はやぶさ」に長嶋さんが出演していたなんて!
最後まで見ていたらそういうラッキーな発見があるんですね~。

私は洋画で「日本人の名前探し」という1人遊びをしています。
たいてい何人かの名前があり、この人たちが世界を股に活躍しているんだなと
何でかうれしくなります。

viola | URL | 2012-03-26(Mon)22:10 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。