violaの日記

アラフォーシングル女子violaです。マイペースが身上です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベッド周りのこだわり

私は、朝寝坊、二度寝、昼寝、そして寝転びながらの読書を
こよなく愛します。

なので、ベッド周りは気持ちよくゴロゴロできるように
私なりのこだわりがあります。

DSCN1349.jpg

写真にあるとおり「ベッド派」か「布団派」かと尋ねられれば、
断然「ベッド派」です。
子ども時代の2段ベッドから、人生のほとんどをベッドで寝ています。

一人暮らし1年目、ベッドが置けないほどの狭いワンルーム+フローリング部屋
だったので、ベッドはあきらめ、ソファベッドを購入。
昼はソファ、夜は押入れから布団を出してきてその上に敷いて寝ていました。
布団の上げ下ろし、この動作、新鮮・・・
ああ、これこそ日本人の暮らしだわ~!

でも、はしゃいだのは最初の1週間、すぐにベッドが欲しいと思うようになりました。

本を読むときも考え事をするときも、
とりあえず「ごろーんと横になりたがる」習性のある私にとって、
それができない布団上げ下ろし生活は、かなり堅苦しいものでした。

一人暮らし2年目、昭和55年に建てられた公団へ引越し。
それが、私が「団地好き&古い部屋好き」になるきっかけとなりました。

早速、古い和室の部屋にしっくりくるよう、無印良品のダークブラウンの
シンプルなベッドを購入しました。
でも、1つ失敗した~と思ったことが・・・。
ベッド下の収納を考えすぎて、足の高いタイプを選んでしまったのです。

前の1Rの狭さがトラウマとなり、少しでも収納力のあるものを!
という気持ちが強かったのですが、実際、部屋は広く収納スペースも十分だったため、
和室に置いたベッドの高さがヘンテコリンな、大変残念な印象になってしまいました。

その残念な気持ちを抱いたまま、10数年。
今の部屋に引越してきて、さらに気持ちは強まり、ついに半年前!
壊れたわけじゃないから心は乱れましたが、思い切って買い替えました!

今のベッドも無印製。
マットレスはそのまま使用、フレームだけ買い替えました。
色は部屋の壁や床に合わせてナチュラルにしました。
ベッドが低くなり、部屋の雰囲気が落ち着きました。

ベッド周りには余計なモノを置きたくないので、基本何もありません。
できるだけシンプルにしています。


枕元とテレビ横にある目覚まし時計の位置関係はこんな感じになります。

DSCN1350.jpg

朝、ひどく寝起きの悪い私は、2度寝&寝坊防止のため、
立ち上がって止めないといけない距離に目覚ましを置いています。

さらに、すっきり目覚めるためには、
朝の光を浴びて体内時計の調節すればよいという健康情報を信じ、
それこそ子ども時代から、寝室のカーテンは光を通すものにし続けているのですが、
今の部屋も、朝日がさんさんと差し込み、まぶしいほどなのですが、
全く効果がありません!
 どういうこと?


DSCN1351.jpg

シーツ、布団カバー、枕カバーも無印製品。
肌触りが柔らかくてとても気に入っています。
この気持ちよさ、触っているだけで睡魔が・・・
これがくたびれてきたら、絶対リピ買いでしょうね。

▼無印良品 新疆綿天竺

4548718743360_95.jpg

今は秋冬バージョン。
春夏バージョンはメーカーなどのこだわりないけど、「白無地の麻素材」と決めています。
これもひんやりした肌触りが気に入っているのでリピ買いです。


~ブログランキングに参加しています~

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。