violaの日記

アラフォーシングル女子violaです。マイペースが身上です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レ・ミゼラブル

前から楽しみにしていた映画「レ・ミゼラブル」、
ようやく観てきました~♪

lesmiserables.jpg

水曜レディースデー狙いで仕事帰りに。
集中して観たかったので「おひとりさま」で。

周りの前評判は上々だし、私の大好きなフランス、パリが舞台だし、
期待に胸ふくらませて行ってきました。


~以下、映画の内容にもふれています~


ワタクシviolaの感想

映画ならではのリアルな迫力、
ミュージカルの絵になる美しさ、
どちらも手に入る、何とも欲張りな作品!
期待以上の素晴らしさです!

★★★ 星三つ  です!

 ★(1つ星)←鑑賞した映画
 ★★(2つ星)←鑑賞して「良かった」と思った映画
 ★★★(3つ星) ←鑑賞して「ぜひもう一度観てみたい」と思った映画


もう、何から振り返ってよいのやら・・・

最初からぐっと引き込まれました。
たくさんの囚人がロープで大きな船を引っ張っているシーン。

海の底から空へ飛びあがり、
上空から一気に、船、囚人、そしてその中のジャン・バルジャンへの
スピード感あふれるカメラワーク。
圧倒的な迫力、奥行き感がすごい。
舞台では出すことができない映画の良さを、まず一気に魅せます。

そして、予想以上に割合の多かった歌が、
さっそくここから始まります。

作品によって出る、ワタクシのミュージカルへのアレルギー反応。
先日のベルばらは、出ました (^_^;)

が、この映画は出ませんでしたよ。
違和感やこっぱずかしいなんていう感情になる余裕すら与えられず、
どんどん映画は進み、レ・ミゼラブルの世界に入りこみます。

この世の不平等さに怒りと憎しみを持ち続ける
主人公ジャン・バルジャンと、そんな彼とどこまでも慈悲の心で
接する神父との運命の出会いの場面から、涙が止まりませんでした。

ファンティーヌの、娘を想う母親の気持ち、昔の恋愛の思い出、
堕ちた今の自分の境遇、どこで道を誤ったのか、と嘆くシーンも
思い出しただけでも胸が痛くなります。

この映画は、歌部分を事前録音ではなく、その場でピアノに合わせて
役者が実際に歌ったナマ歌を録音、撮影しているのだそうです。
演技も歌声もその場のものだから、より感動が伝わるのかもしれません。

ファンティーヌの娘コゼットを預かるどうしようもない、
でも滑稽な悪者テナルディエ夫妻の宿屋の歌もなかなか良かったです。
どんな人物か、仕事ぶり、考え方、コゼットへの態度が
うまく説明されていて、ここではミュージカルの良さが出ていました。

月日がたち、小さな子どもだったコゼットは美しい女性に成長し、
マリウスという青年と恋をするようになります。
悪党テナルディエ夫妻の娘エポニーヌもマリウスに恋するのですが、
コゼットに夢中のマリウスは彼女の気持ちに気付きません。

エポニーヌは乙女心が悲しく傷つきながらも、マリウスの幸せを願う
気持ちから、二人の協力者となり、最後はマリウスをかばい死にます。
神父、ファンティーヌ、ジャン・バルジャン、エポニーヌ・・・
無償の愛の素晴らしさに感動させられっぱなしです。

貧しい人、成功した人の人間模様だけでなく、
革命後の混乱した社会についても描かれた壮大な内容で、
観る人ごとに感じ入るところは様々だと思います。

原作は長編小説で、2時間50分のこの大作でも省略されている箇所が
あります。
私が子どもの頃に読んだものは、ジャン・バルジャンの心を改めた
部分をお手本にしてもらいたいという考えからか、そこ中心の
児童向けの本で、それで何となく読んだ気になっていたと思うと
恥ずかしいです。

ぜひ、原作を読んでみたい、そう思わせてくれる映画でした。


あ、
そうそう、それから・・・

この映画、私は全く気になりませんが、
画面はあの「平清盛」と同じくらいに「汚い」シーンがあります。
「きれい」なものが観たい人には残念ながら不向きな映画です。
まあ、映画は、観たくなければわざわざ観に行かないだけのこと、
文句を言う人もいないでしょうが・・・。



~ブログランキングに参加しています~

▼1人暮らし
  
応援クリックいただければとってもうれしいです (*^.^*) 

   ↓↓↓


 

 



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もこの映画、観に行きたいな”と思っていました☆
2時間50分もあるんですね。
いや、でもおっしゃる通り、長編小説ですから
2時間50分でも足りないくらいなんでしょうね。
私も小学生の頃に図書館で借りたような覚えしかありませんが。。。
子供の頃、漫画でやっているのも見てました。
私はミュージカル映画って大好きなんです。
violaさんのおススメ見所を、頭において、観てきたいと思います。

ふーみん09 | URL | 2013-02-19(Tue)03:36 [編集]


こんにちわ!
観に行かれたのですね~
きっとアップして下さると思ってたので
楽しみにしていました。
私は書きませんでしたが、
愛情溢れるエポニーヌに目が離せませんでした。
この女優さんは舞台でも
エポニーヌを演じているそうです。
長い上映時間を感じさせない映画でしたよね!

アクアマリンちゃん | URL | 2013-02-19(Tue)16:51 [編集]


ふーみんさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
返信が遅くなってごめんなさい。

ふーみんさんもぜひ観てみてください。
とってもおススメです!
歌が盛りだくさんなので
ミュージカルがお好きならきっと
気に入ってもらえるのではないかと・・・ (*^.^*)

viola | URL | 2013-02-25(Mon)22:58 [編集]


アクアマリンさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。
返信が遅くなってごめんなさい。

「レ・ミゼラブル」本当に良かったです。
アカデミー賞もいくつか受賞していましたね。
録音賞もとったようで、あの歌声が現場で
録音されていたと聞くと納得の受賞です。
本当にステキな映画でした (*^.^*)

viola | URL | 2013-02-25(Mon)23:11 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。